ブログパーツ FF35しようずwwwwwwww シャルル「ルルーシュ!!!授業参観はいつぅぅぅ?!!!」
RSS、アクセスランキング調整中
好きな女にこれ試してみろw反応ぜんぜん変わるぞ!new!
好きな女にこれ試してみろw反応ぜんぜん変わるぞ!new!

   FF35しようずwwwwの人気ページはここだ!

好きな女にこれ試してみろw反応ぜんぜん変わるぞ!new!
好きな女にこれ試してみろw反応ぜんぜん変わるぞ!new!

シャルル「ルルーシュ!!!授業参観はいつぅぅぅ?!!!」

シャルル「ルルーシュ!!!授業参観はいつぅぅぅ?!!!」
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 15:51:03.84 ID:hNfy9qGw0 [1/39回発言]
―――アッシュフォード学園。夏休みに入り、学園内は静寂に包まれていた。

ナナリー「お兄様?」

ルルーシュ「なんだい?」

ナナリー「生徒会のみなさんは?」

ルルーシュ「シャーリーとミレイ会長以外は実家に戻っているよ」

ナナリー「そうですか……少し、寂しいですね」

ルルーシュ「そうだな」

ピリリリ

ルルーシュ「電話だ。ちょっとごめん。―――はい?」

シャルル『我が息子、ルルーシュよ……久しいなぁ……?』

ルルーシュ「……!!」


1336872054990.jpg

2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 15:55:51.46 ID:hNfy9qGw0 [2/39回発言]
ナナリー「お兄様?」

ルルーシュ「お前……は……」

シャルル『お前の父……シャルル・ジ・ブリタニアであぁぁぁる!!!』

ルルーシュ「なんのようだ……きさま……!!」

シャルル『用?用だと?』

ルルーシュ「シャルル……!!」

シャルル『ルルーッシュよ!!ぬぁんたる愚かしさぁぁぁぁ!!!!』

ルルーシュ「な……!?」

シャルル『きさまぁ!!!そろそろ……じゅぎょぉぅさんかぁんの季節だろう?』

ルルーシュ「……」ピッ

ナナリー「お兄様……今の電話……」

ルルーシュ「気にしなくていい……悪戯電話だ」

ナナリー「でも……お父様の声が……」

ルルーシュ「気のせいだ」

ナナリー「そうですか……」

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:02:57.29 ID:hNfy9qGw0 [3/39回発言]
咲世子「ルルーシュ様」

ルルーシュ「どうしました?」

咲世子「ミレイ様から内線のお電話です」

ルルーシュ「ああ、どうも」

ルルーシュ「はい、ルルーシュです」

ミレイ『ルルーシュ?あの……』

ルルーシュ「どうしました?」

ミレイ『さっき……ブリタニア皇帝陛下から電話があったんだけど……』

ルルーシュ「……なんて?」

ミレイ『授業参観の日取りはどうなっているって……』

ルルーシュ(何を考えているんだ……あの、バカ……)

ミレイ『で、夏休みだから授業自体がありませんって言ったの。そしたら、20分ぐらいの沈黙のあとに電話切れちゃって……』

ルルーシュ「他には?」

ミレイ『特に何もないけど……。どうしたらいい?』

ルルーシュ「放っておいて構いませんよ。ただの嫌がらせです」

8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:07:08.45 ID:hNfy9qGw0 [4/39回発言]
ミレイ『でも……』

ルルーシュ「気にすることはありません」

ミレイ『ルルーシュがそういうなら……』

ピリリリ

ナナリー「……はい。ランペルージです」

シャルル『ナァナリーか?』

ナナリー「……」

シャルル『ワシだ……シャルルだ……』

ナナリー「な、なんでしょうか……?」

シャルル『中等部の授業さぁんかんは……いつだ?』

ナナリー「今は夏季休暇中なので……ありません」

シャルル『ナナァリィィィ!!!!!なんたるおろかしさぁぁぁ!!!!』

ナナリー「ひっ」ピッ

ルルーシュ「ナナリー?どうした?」

ナナリー「あ、いえ……なんでもありません……」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:11:41.47 ID:hNfy9qGw0 [5/39回発言]
ルルーシュ(まさか……俺がゼロであることが知られた……いや、それならもっと狡猾な手段で攻めてくるはず)

ルルーシュ(何が目的だ……シャルルめ……!!)

ナナリー「……」ガクガク

咲世子「ナナリーさま……少し、おやすみになったほうが」

ナナリー「そ、そうですね」

ルルーシュ「大丈夫か?」

ナナリー「は、はい……なんともありません」

ルルーシュ「なら、いいんだ」

咲世子「行きましょう」

ナナリー「はい……」

ルルーシュ(手を打ちたいところだが、相手の目的がはっきりしない以上……どうすることも……)

ルルーシュ「くそ……」

12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:18:11.59 ID:hNfy9qGw0 [6/39回発言]
生徒会室

ルルーシュ「……」カタカタ

ミレイ「ルルーシュ?なにしてるの?」

ルルーシュ「会長こそ。どうしたんですか?」

ミレイ「ちょっと、散歩」

ルルーシュ「閑散とした学園をですか?」

ミレイ「こういうのもモラトリアムでしょ?」

ルルーシュ「さあ、どうでしょうね」

ミレイ「ルルーシュは?」

ルルーシュ「少し、調べ物を」

ミレイ「自分の部屋でもできるでしょうに」

ルルーシュ「今はちょっと」

ミレイ「どうして?」

ルルーシュ「色々あるんですよ」

ルルーシュ(夏になってからC.C.が常に全裸でいるからとは言えないからな……)

14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:23:27.53 ID:hNfy9qGw0 [7/39回発言]
ミレイ「で、皇帝陛下のこと?」

ルルーシュ「ええ……」

ミレイ「授業参観に皇帝陛下が来るなんてまずないわよね」

ルルーシュ「そもそも、それがあるのは中等部まででしょう?」

ミレイ「最近はないけど」

ルルーシュ「そうですか」

ミレイ「ルルーシュの場合、いつも咲世子さんが参加してくれてたわね」

ルルーシュ「ええ。作文を読んだのときは誰よりも大きく拍手をするから、恥ずかしかったですけどね」

ミレイ「咲世子さんらしいわ」

ルルーシュ「そうですね」

ミレイ「そうだ。今からシャーリーも呼ぼっか?」

ルルーシュ「どうして?」

ミレイ「折角、寮に残ってるんだしね。一緒に居られる時間はできるだけ共有したほうがいいでしょ?」

ルルーシュ「そういうものですか?」

ミレイ「そういうものよ」

15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:26:58.51 ID:hNfy9qGw0 [8/39回発言]
シャーリー「会長!!」

ミレイ「来た来た」

シャーリー「なんですか!!いきなり呼び出し……って、ルル?!」

ルルーシュ「髪がぐちゃぐちゃだな」

シャーリー「いや、これは……だって……急に会長が呼び出すからぁ!!」

ミレイ「あははは」

シャーリー「ルルもいるなら言ってよ!!」

ルルーシュ「どうやって伝えるんだ」

ミレイ「まあまあ。座って座って」

シャーリー「もう……」

ルルーシュ「……ん?」

ミレイ「私がセットしてあげる。ツインテールでいい?」

シャーリー「変なことしないでください!!」

ルルーシュ「……」

ミレイ「ルルーシュ?どうかしたの?」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:34:04.84 ID:hNfy9qGw0 [9/39回発言]
ルルーシュ(シャルルがエリア11を視察だと……?)

ルルーシュ(しかも……今日から三日間も……?)

シャーリー「ルルのやつ、どうしたんですか?パソコンの画面見て、固まってますけど」

ミレイ「色々あるのよ」

ルルーシュ「……まさか」カタカタ

ミレイ「なに?何かわかったの?」

ルルーシュ「会長」

ミレイ「ん?」

ルルーシュ「総督がアッシュフォード学園に来ることは知っていましたか……?」

ミレイ「ああ。巡察でしょ?まあ、支持票を集める目的なんだと思うけど」

ルルーシュ「それは……明日なんですね?」

ミレイ「ええ。ルルーシュと会うことはまずないから、大丈夫だと思うけど」

ルルーシュ「どうして教えてくれなかったんですか?!」

ミレイ「トップシークレットだったの。テロリスト対策で、ギリギリまで公表しないことになってたし」

ルルーシュ「違う!!そうじゃないんですよ!!会長!!!」

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:38:32.59 ID:hNfy9qGw0 [10/39回発言]
シャーリー「ど、どうしたの?」

ミレイ「ルルーシュ?」

ルルーシュ(シャルルがエリア11に来ているときにコーネリアが巡察……)

ルルーシュ(これは確実に……!!)

ミレイ「ちょっとルルーシュ、大丈夫?」

ルルーシュ「部屋に戻ります」

シャーリー「え?もう?」

ミレイ「ちょっと。ルルーシュ」

ルルーシュ(今朝の電話……シャルルの来日……コーネリアの巡察……)

ルルーシュ(どう考えても……奴は……!!)

ルルーシュ(ここに来る……!!!)

ルルーシュ(とにかく情報だ……情報が欲しい……!!)

ルルーシュ「……そうだ!!スザク……!!」

20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:42:26.16 ID:hNfy9qGw0 [11/39回発言]
ブリタニア軍基地

セシル「うーん……ちょっと休憩にしましょうか」

スザク「はい」

ロイド「じゃあ、お昼ご飯にいってまぁす」

セシル「ロイドさん。私の作ったお弁当がありますよ?」

ロイド「遠慮します」

セシル「そう言わずに」

ロイド「いや、だってさぁ?どんな材料をぶち込んだら、一面紫色になるわけぇ?」

セシル「隠し味です」

ロイド「か、隠れてないよね?」

スザク「夏季休暇の課題……まだ結構あるな……」

ピリリリ

スザク「はい?」

ルルーシュ『俺だ。今、いいか?』

スザク「いいよ。どうしたの?」

22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:47:31.59 ID:hNfy9qGw0 [12/39回発言]
ルルーシュ『コーネリアの巡察が予定されているな?』

スザク「ああ……今日まで緘口令が敷かれていて、ルルーシュには伝えられなかったんだ。ごめん」

ルルーシュ『それはいい。問題は……シャルルがエリア11に来るということだ』

スザク「皇帝陛下が?」

ルルーシュ『知らないのか?』

スザク「ちょっと待って。―――ロイドさん!!」

ロイド「なぁに?」

スザク「皇帝陛下がエリア11に来るって本当ですか?」

ロイド「もう来てるんじゃないかなぁ?まあ、発表があったのはついさっきみたいだけど」

セシル「ええ?皇帝陛下が?どうして?」

ロイド「そんなの僕が知るわけないじゃない」

スザク「ルルーシュ……本当みたいだね」

ルルーシュ『その様子だと、奴の目的は知らないか……』

スザク「すまない」

ルルーシュ『いや、いいんだ。ありがとう』

23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:50:26.25 ID:hNfy9qGw0 [13/39回発言]
スザク「何か分かったらすぐに連絡するよ」

ルルーシュ『ああ……助かる。それじゃあ』

スザク「うん」

セシル「お友達?」

スザク「ええ……ちょっと」

ロイド「ふぅーん」

コーネリア「枢木はいるか?」

セシル「コーネリア皇女殿下?!」

ロイド「あは~なんですか?」

コーネリア「枢木はいるかと聞いた」

スザク「はい!!ここに!!」

コーネリア「お父様」

ロイド「え?」

シャルル「お前が……枢木ぃかぁ……?」

スザク「こ、皇帝陛下……!?」

24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 16:56:11.92 ID:hNfy9qGw0 [14/39回発言]
自室

ルルーシュ「ふぅー……明日か……。時間が足りない……動かないでいるのが一番いいが……」

ルルーシュ「しかし、指を咥えているわけにも……」

C.C.「どうした?」

ルルーシュ「何か着ろ」

C.C.「夏ぐらいいいだろ?」

ルルーシュ「あのなぁ……」

C.C.「で、なにがあった?今朝から妙に落ち着きがないみたいだが?」

ルルーシュ「シャルルが来る」

C.C.「どこに?」

ルルーシュ「ここにだ……」

C.C.「ここって……学園にか?」

ルルーシュ「ああ……」

C.C.「そうか……困ったな。出て行く服がない」

ルルーシュ「なら、篭っていろ」

27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 17:03:24.54 ID:hNfy9qGw0 [15/39回発言]
C.C.「お前も、部屋で大人しくしているべきじゃないか?」

ルルーシュ「……」

C.C.「暗殺でもするのか?」

ルルーシュ「それは無理だろうな。準備する時間がなさ過ぎる」

C.C.「私が行くわけにもいかないしな……」

ルルーシュ「警察に補導されるからな」

C.C.「なかなか、ぴったりの服がなくて困る」

ルルーシュ「……だが、じっとはしていられない」

C.C.「どうするつもりだ?」

ルルーシュ「でき得る限りのことはする」

C.C.「じゃあ、お手並み拝見といこうかな」

ルルーシュ「シャルルめ……なんでも思い通りになると思うなよ……!!」

C.C.「シャルルか……」

C.C.「どういうつもりなのかな……」

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 17:13:42.58 ID:hNfy9qGw0 [16/39回発言]


ルルーシュ「……」カタカタ

ピリリリ

ルルーシュ「はい」

スザク『僕だ。ルルーシュ』

ルルーシュ「何かわかったか?」

スザク『ルルーシュ……皇帝陛下はアッシュフォード学園で2泊するみたいだ』

ルルーシュ「なんのために?」

スザク『しおりによると……合宿の名目だけど』

ルルーシュ「合宿?」

スザク『そう。エリア11の庶民の暮らしを体験する目的で』

ルルーシュ「なんだそれは」

スザク『わからない。でも、結構面白そうだよ。特別授業、調理実習、夜には肝試しもあるし』

ルルーシュ「そうか……なら、楽しめ」

スザク『ルルーシュ?他人事じゃないよ。君も参加するんだから』

30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 17:20:26.66 ID:hNfy9qGw0 [17/39回発言]
ルルーシュ「するわけないだろ……何を言って―――」

スザク『参加者名簿に君の名前もあったよ』

ルルーシュ「なんだと?」

スザク『えっと……参加者はね……皇帝陛下、コーネリア総督、ユーフェミア副総督、ミレイ会長、シャーリー、カレン……」

スザク『それから、僕とルルーシュ。最後にナナリー』

ルルーシュ「ふざけるな!!その場に俺が出て行けるわけ……ちょっと待て」

スザク『なに?』

ルルーシュ「参加者名簿があるといったな?」

スザク『ああ』

ルルーシュ「俺とナナリーの名前もあるのか……?」

スザク『あるよ。生徒会のメンバーも全員名前が挙がってたけど、みんな実家に戻ってるから―――』

ルルーシュ「おい……俺が生きていること……コーネリアやユーフェミアに知られているということか……?』

スザク『あ……』

ルルーシュ「……」

スザク『で、でも!!気にすることないよ!!きっと総督も副総督も知らないフリしてくれると思うし!!』

32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 17:29:05.65 ID:hNfy9qGw0 [18/39回発言]
ルルーシュ「そういう問題じゃないんだよ……!!」

スザク『総督は隠していたつもりだろうけど……終始、顔が変に歪んでいたのは、きっとルルーシュの生存を知ったからじゃないかな?』

ルルーシュ「それがなんだ」

スザク『楽しみにしているってことだよ』

ルルーシュ「……」

ルルーシュ(これで一気に暗殺がしにくくなったな……。まさか、カレンまで名前が挙がっているとは……)

ルルーシュ(いや、見方を変えればシャルルに近づくことができるということ……。そして、コーネリアもいる)

ルルーシュ(知りたいことを一気に知ることができるかもしれないな)

ルルーシュ「だが、それは明日の話だろう?」

スザク『だからこうして僕が電話をかけているんだ』

ルルーシュ「ご苦労様」

スザク『明日は1限からだから、遅刻しないように』

ルルーシュ「ナナリーにも伝えておこう」

スザク『ありがとう。それじゃあ』

ルルーシュ「ああ……」

39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:16:59.01 ID:hNfy9qGw0 [19/39回発言]
ルルーシュ「ナナリー?」

ナナリー「はい?」

ルルーシュ「明日なんだが……」

ナナリー「何かあるのですか?」

ルルーシュ「ああ……シャルルとコーネリア、ユーフェミアがこの学園に来る」

ナナリー「ユフィ姉さまが?」

ルルーシュ「名目は視察だが……狙いは俺たちかもしれない」

ナナリー「……」

ルルーシュ「だから……ナナリー?」

ナナリー「行きます」

ルルーシュ「え……」

ナナリー「お兄様、私に何ができるかわかりません。何もできないかもしれません。だけど、お兄様だけにそのような苦を……背負ってほしくありません」

ルルーシュ「ナナリー……」

ナナリー「私も行きます。お兄様」

ルルーシュ「わかった……。大丈夫、お前のことは俺が守る」

40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:21:29.26 ID:hNfy9qGw0 [20/39回発言]
翌日 正門前

カレン「……」

シャーリー「おはよ」

カレン「なに?昨日、スザクくんから電話もらって、状況を理解できないんだけど……」

シャーリー「大丈夫。私もよくわかってないから」

カレン「ええ?もう帰っていい?暑いし……」

シャーリー「ダメダメ!!」

カレン「なんで……眠いんだけど……」

シャーリー「すっごい人が来るらしいから、私たちはその人をお出迎えするの」

カレン「ふぁぁ……ホント……折角の夏休みなんだから……寝かせてよね……」

シャーリー「カレンは殆ど学校こないくせに」

カレン「体が弱くて……」

シャーリー「あ、カレン!!あれだよ!!あのリムジン!!」

カレン「誰よ……もう……」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:27:19.17 ID:hNfy9qGw0 [21/39回発言]
ギルフォード「君たちは?」

シャーリー「えっと……生徒会の者です」

カレン「お出迎えをしようと思ってお待ちしておりました」

シャーリー「な?!」

ギルフォード「そうか。感謝する。私も途中まで姫様の護衛のために中に入る」

シャーリー「はい」

カレン「……えっと……」

ギルフォード「失礼した。私はギルバート・G・P・ギルフォード。コーネリア皇女殿下の騎士だ」

カレン「てことは……その車に乗ってるって……」

コーネリア「ここか」

ユフィ「はい。お姉様」

ダールトン「姫様、足下にお気をつけください」

コーネリア「心配するな」

カレン(コーネリア……!!)

シャーリー「コーネリア様とユーフェミア様だ……すごい……」

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:33:04.45 ID:hNfy9qGw0 [22/39回発言]
コーネリア「お前たちは、ここの学生か?」

シャーリー「は、はい!!」

カレン「そ、そうです。お二人を案内しようと思いまして」

ユフィ「まぁ、ありがとう!」

コーネリア「シャーリー・フェネットとカレン・シュタットフェルトか」

シャーリー「え?どうして……私たちの名前を?」

カレン(まさか、素性を調べたの?)

コーネリア「まあ、生徒の名前ぐらいはな」

カレン「生徒?」

ギルフォード「姫様、まいりましょう」

コーネリア「ああ」

カレン「あの……今日はどういう目的で?」

ユフィ「今日は特別授業参観日だと聞いたので」

シャーリー「え?」

コーネリア「まあ、訪れる父兄は一人だけだがな」

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:36:51.39 ID:hNfy9qGw0 [23/39回発言]
教室

ギルフォード「ここか」

ダールトン「では、先に……おぉ!?」

ギルフォード「どうしました?」

ダールトン「……後ろのほうに既に父兄が……」

ギルフォード「なんと?!」

シャルル「……」

ダールトン「皇帝陛下の入り時間はまだ先ではなかったか?」

ギルフォード「ええ……予定では始業開始直前だったはずです」

ダールトン「それが何故、もういる?まだ始業まで1時間以上あるぞ」

ギルフォード「聞いてみますか?」

ダールトン「恐れ多いだろ」

ギルフォード「ですね……」

シャルル「……」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:40:06.60 ID:hNfy9qGw0 [24/39回発言]
生徒会室

ユフィ「ここが生徒会室なのですね」

シャーリー「はい」

ユフィ「スザクから話を聞いていたので、一度来て見たいと思っていたんです」

シャーリー「へえ、そうなのですか」

カレン「……」

ユフィ「カレンさん!」

カレン「は、はい?」

ユフィ「よろしくお願いしますね」

カレン「え、ええ……」

シャーリー「カレン?」

カレン「あたし、先に教室に行ってるから」

シャーリー「あ、カレン!」

ユフィ「私、何か失礼を……?」

シャーリー「そ、そんなことありませんから!!」

47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:44:12.09 ID:hNfy9qGw0 [25/39回発言]
教室

ミレイ「おはよーございまーす」

カレン「会長。おはようございます」

ミレイ「おは―――おぉ!?

シャルル「……」

ギルフォード「……」

ダールトン「……」

カレン「後ろの三人、どうにかなりませんか?」

ミレイ「父兄だから」

カレン「父兄って……」

スザク「おはよ―――あ?!」

ミレイ「スザク?」

スザク「お、おはようございます!!ギルフォード卿!!ダールトン卿!!」

スザク「皇帝陛下!!おはようございます!!!」

シャルル「……」

52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:49:11.44 ID:hNfy9qGw0 [26/39回発言]
スザク「驚いた……まさか、もう居るなんて」

カレン「あんたは知ってたの?」

スザク「うん」

カレン「なら、電話でちゃんと伝えてよね」

スザク「すまない。驚かせようと思って」

カレン「(知っていれば来なかったのに)」

スザク「カレン?」

カレン「ふんっ」

ミレイ「他の生徒は?」

スザク「まだ……みたいですね」

ミレイ「そろそろチャイムが鳴っちゃうわよ」

スザク「そうですね」

コーネリア「―――よし。席についているかー?」

スザク「そ、総督?!」

コーネリア「ん?なんだ、まだ空席が目立つな。どうなっている!!?現代の教育現場は!!」

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 18:54:10.75 ID:hNfy9qGw0 [27/39回発言]
ミレイ「あの……なんですか?」

ギルフォード「姫様!!スーツ姿も似合っています!!」

ダールトン「ひめさまー!!」

コーネリア「父兄は黙っていろ!!」

カレン「もしかして……」

コーネリア「自己紹介をしておこうか」

スザク「……」

コーネリア「私の名前は―――」ガリガリガリガリ

ミレイ(字、でか……)

ギルフォード(黒板に字を書き込む姿も凛々しい……)

コーネリア「コーネリア・リ・ブリタニアである!!!担当教科は全教科だ!!」

スザク「……」

ミレイ「……」

カレン「……」

コーネリア「拍手はどうした?!」

58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:00:52.57 ID:hNfy9qGw0 [28/39回発言]
ギルフォード「ひめさまー!!」パチパチパチ

ダールトン「姫様!!ステキです!!」パチパチパチ

シャルル「……」

コーネリア「ありがとう」

スザク「総督!!」パチパチパチ

コーネリア「それにしても。私の授業に遅刻してくる者がいるとはな……いい度胸だ」

ミレイ「えっと……あの、まだ始業のベルは鳴ってませんけど」

コーネリア「抜けている。惚けている。堕落している」

カレン「は?」

コーネリア「教師が教室に入った時点で、授業は始まっている!!」バンッ!!!

ミレイ「ひっ」ビクッ

コーネリア「つまり、教師の後から入ってきたものは全員……遅刻だ」

カレン「でも、まだ15分も余裕が……」

コーネリア「普通は20分前にはいるべきだ!!何を言っている!!!」

スザク「申し訳ありません!!自分たちの認識が甘かったです!!」

61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:05:35.88 ID:hNfy9qGw0 [29/39回発言]
コーネリア「ああ、そうだ。枢木は優等生だな」

スザク「ありがとうございます!!」

カレン「……」

コーネリア「では、学級委員長は枢木に一任する」

スザク「じ、自分がですか?!」

コーネリア「文句でもあるのか?」

スザク「い、いえ!!」

コーネリア「では、枢木。号令を」

スザク「は、はい。起立」

コーネリア「声が小さい!!」

スザク「も、申し訳ありません!!起立っ!!!」

ミレイ「……」ガタッ

カレン「……」ガタッ

コーネリア「動作が遅い!!機敏に動け!!脆弱者が!!!」

カレン(こいつ……やけに張り切ってるわね……!!!)

62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:10:55.56 ID:hNfy9qGw0 [30/39回発言]
シャーリー「みんなー、おは―――え?」

ユフィ「お姉様……」

コーネリア「2分の遅刻だな……。シャーリー、ユーフェミア」

シャーリー「遅刻……?え?でも、まだ10分以上……」

コーネリア「教師よりも後に入ってきたら、遅刻だ!!」

ユフィ「そんな!!お姉様、それはちょっと厳しいのでは?!」

コーネリア「教師に口答えか……?ユフィ?」

ユフィ「そんなつもりは……!!」

コーネリア「廊下に立っていろ」

シャーリー「今時?!」

コーネリア「貴様はバケツを持って立っていろ!!」

ミレイ「た、体罰です!」

コーネリア「体罰?いいだろう。ならばPTAでも呼んで来い。私はナイトメアで真っ向から戦ってやろう」

カレン「無茶苦茶」

スザク「熱血教師だ……」

66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:16:38.87 ID:hNfy9qGw0 [31/39回発言]
ルルーシュ「……」

ナナリー「少しドキドキしますね」

ルルーシュ「俺は別の意味で―――ん?」

シャーリー「なんで……私が……バケツなんて……」

ユフィ「ごめんなさい。お姉様、昨日の夜、一生懸命に熱血教師の漫画を熟読していたみたいで」

シャーリー「ええ……そうなんですか?」

ユフィ「夕方になれば、夕日に向かって走る気だと思います」

シャーリー「はぁ……」

ユフィ「それでなくとも、お姉様は軍学校で厳しい教育を受けていましたから……」

ルルーシュ「何をしている?」

シャーリー「あ、ルル!!」

ユフィ「ルルーシュ?!ルルーシュなのですね?!」

ナナリー「ユフィ姉さま?」

ユフィ「ナナリー!!久しぶり!!」

ルルーシュ「で、廊下で何をしている?」

68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:21:18.80 ID:hNfy9qGw0 [32/39回発言]
シャーリー「遅刻の罰」

ルルーシュ「遅刻?まだ5分も前だぞ?」

ユフィ「お姉様の基準だと、教師よりも後に入ってきたら遅刻みたい」

ナナリー「そんな……」

ルルーシュ「じゃあ、俺も廊下に立たされる運命か」

シャーリー「うん」

ユフィ「でも、挨拶だけはしておいたほうがいいと思いますよ?」

ルルーシュ「挨拶な……」

ナナリー「行きましょう、お兄様?」

ルルーシュ「わかった。すぐに戻ってくる」

シャーリー「うん」

ユフィ「お待ちしています」

ナナリー「コーネリア姉さま、随分と厳しい先生なのですね」

ルルーシュ「まあ、予想をしてたがな」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:28:43.16 ID:hNfy9qGw0 [33/39回発言]
コーネリア「ん?」

ルルーシュ「遅れました。ルルーシュ・ランペルージです」

ナナリー「ナナリー・ランペルージです。申し訳ありません、先生」

ミレイ「ルルーシュ」

スザク「ナナリー……」

ルルーシュ「廊下に立っています」

コーネリア「よい。こっちにこい」

ルルーシュ「え……?」

コーネリア「はやく」

ルルーシュ「なんですか?」

コーネリア「だめだろ?」コツンッ

ルルーシュ「……」

コーネリア「ナナリーも」コツンッ

ナナリー「……」

コーネリア「席に座れ」

78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:34:26.79 ID:hNfy9qGw0 [34/39回発言]
カレン「あの……罰は?」

コーネリア「げんこつを与えた」

カレン「え?!廊下に立つんじゃないんですか?!」

コーネリア「ルルーシュとナナリーは素直に遅れてきたことを認め、謝罪した。その姿勢を見せられては何もいえない」

ミレイ「まあ……確かにシャーリーはいい訳してましたけど」

コーネリア「そういうことだ」

カレン「落差が激しいような……」

ギルフォード「素晴らしい愛!!」パチパチ

ダールトン「うむ……教師の鑑だ。涙が止まらない」パチパチパチ

シャルル「……」

ルルーシュ(シャルル……!!)

スザク「(ルルーシュ、良かったね)」

ルルーシュ「(別に嬉しくもない)」

コーネリア「枢木!!私語は厳禁だ!!次はないぞ!!!」

スザク「は、はい!申し訳ありません!!!」

81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:41:03.61 ID:hNfy9qGw0 [35/39回発言]
コーネリア「では、全員が揃ったところでホームルームを始める」

コーネリア「今日1日の予定表を配る」スッ

ミレイ「どうも」

コーネリア「……」スッ

カレン「あの……二枚多いですよ?」

コーネリア「お前……廊下に立っている二人に配ってこいという意味を汲めないのか?」

カレン「あ、ああ……わかりました……」

コーネリア「全く。これだから最近の若者は」

カレン「……なによ、偉そうに」

コーネリア「カレン、廊下に立っていろ」

カレン「?!」

コーネリア「……」スッ

スザク「ありがとうございます」

コーネリア「ナナリー、紙で指を切らないようにな?」

ナナリー「はい」

84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:49:58.87 ID:hNfy9qGw0 [36/39回発言]
コーネリア「ルルーシュ、紙で怪我をするときもある。気をつけろよ」

ルルーシュ「は、はい」

コーネリア「では、刮目せよ!!」

ミレイ「……」

コーネリア「昼間ではこの教室を使い、女教師総督コーネリアによる授業を行う」

ナナリー「……」

ルルーシュ(点字処理までしている……用意周到だな……コーネリア……)

コーネリア「昼は皆で食堂へ移動し、昼食を皆で作り、食す!!」

コーネリア「午後は体育の授業のみ!!」

スザク「え……ナイトメアの操縦訓練?」

コーネリア「夜は中庭でバーベキューを執り行う」

コーネリア「そのあと、肝試しをし、体育館で就寝。以上!!質問は?!」

ナナリー「はい」

コーネリア「ナナリー」

ナナリー「あの……調理実習と体育の時間、私は参加できそうにないのですけど……」

87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:53:16.12 ID:hNfy9qGw0 [37/39回発言]
コーネリア「心配するな。私がフォローしてやる」

ナナリー「ありがとうございます」

コーネリア「他には?!」

ユフィ「はい!」

コーネリア「外野は黙っていろ」

ユフィ「えぇ?!」

スザク「コーネリア先生!!」

コーネリア「枢木」

スザク「体育館で就寝とはどのように?」

コーネリア「寝袋を使う」

ミレイ「いいんですか?!」

コーネリア「なんの問題がある」

ミレイ「いえ……先生がいいなら……いいですけど」

コーネリア「他には?ルルーシュ、何かないか?」

ルルーシュ「特にありません」

90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 19:58:38.06 ID:hNfy9qGw0 [38/39回発言]
コーネリア「では、廊下に立っている者たち、教室に入って来い」

シャーリー「はぁ……やっと解放された」

ユフィ「お姉様……今日はなんだか、厳しい……」

コーネリア「公私混同はしない。ユフィ?妹だからと甘くするつもりはない」

ユフィ「はい……」

カレン「よく言うわよ……」

コーネリア「カレン。お前は問題児だな」

カレン「いいえ。優等生です」

コーネリア「まあ、いい。では、1限は歴史だな。教科書を開け」

スザク「……」

ルルーシュ「(スザク、いいのか?ユフィがボロクソに言われているが)」

スザク「(仕方ないと思う。総督の言い分のほうが正しいし)」

コーネリア「枢木!!私語をするなといっただろうが!!!」

スザク「す、すいません!!出来心で!!」

コーネリア「罰として、教科書47ページから50ページまでを全て音読しろ!!」

95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:07:32.76 ID:hNfy9qGw0 [39/39回発言]
スザク「―――以上です!!」

コーネリア「ご苦労。では、枢木が読んでくれている間に、黒板に穴埋め問題を書いておいた」

コーネリア「どれでも基本的なところだな。年号を埋めてもらおう。では……ミレイ」

ミレイ「は、はい!」

コーネリア「書け」

ミレイ「はい」ガタッ

ギルフォード「撮影は禁止ですか?」

ダールトン「フラッシュはだめらしい」

シャルル「……」

C.C.「おお、もう始まっているのか。ふふっ。父兄も精悍だ。お洒落してきて正解だったな」

咲世子「はい」

ギルフォード「あ、どうも」

咲世子「どうも。すいません」

ダールトン「貴方たちは?」

C.C.「授業参観だろ?子どもの成長を見るのに理由はいらない」






95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:07:32.76 ID:hNfy9qGw0 [39/59回発言]
スザク「―――以上です!!」

コーネリア「ご苦労。では、枢木が読んでくれている間に、黒板に穴埋め問題を書いておいた」

コーネリア「どれでも基本的なところだな。年号を埋めてもらおう。では……ミレイ」

ミレイ「は、はい!」

コーネリア「書け」

ミレイ「はい」ガタッ

ギルフォード「撮影は禁止ですか?」

ダールトン「フラッシュはだめらしい」

シャルル「……」

C.C.「おお、もう始まっているのか。ふふっ。父兄も精悍だ。お洒落してきて正解だったな」

咲世子「はい」

ギルフォード「あ、どうも」

咲世子「どうも。すいません」

ダールトン「貴方たちは?」

C.C.「授業参観だろ?子どもの成長を見るのに理由はいらない」

100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:14:18.16 ID:hNfy9qGw0 [40/59回発言]
ミレイ「これでいいですか?」

コーネリア「正解だ。まあ、これぐらいは簡単か」

ミレイ(授業でやってないところでしたけどね……)

コーネリア「不満そうだな?」

ミレイ「滅相もありません」

コーネリア「では、次のページに行こう。読みたい者は?」

咲世子「ルルーシュ様、手を上げてください」

C.C.「ルルーシュ、見せ場だぞ」

ルルーシュ「……?!」

ルルーシュ(咲世子とC.C.……?!なにをやっている……!?)

コーネリア「誰かいないか?根性なしばっかりだな!!!」

スザク「では、自分が!!」

コーネリア「お前はさっきも読んだろうが!!!自己主張が過ぎるぞ!!枢木!!!」

スザク「申し訳ありません!!」

カレン(なら、どうしろっていうのよ)

106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:20:24.27 ID:hNfy9qGw0 [41/59回発言]
キーンコーンカーンコーン

コーネリア「よし、1限は終了とする。10分の休憩を挟む。今のうちにトイレには行っておけ」

コーネリア「号令!!!」

スザク「きりーつ!!!!礼!!!ありがとうございましたぁ!!!!」

シャーリー「……した」

コーネリア「よし」スタスタ

スザク「はぁ……」

ルルーシュ「ナナリー、大丈夫か?」

ナナリー「あの……お兄様。気のせいかもしれませんが……背後からすごい視線を感じます……」

ルルーシュ「……」

シャルル「……」

ルルーシュ「気のせいじゃない。咲世子が来ているからな」

ナナリー「咲世子さんの視線なら、こんなに怖いはずがないと思うのですが……」

ルルーシュ(シャルル……ナナリーを怖がらせるな……!!)

シャルル「……」

112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:28:18.65 ID:hNfy9qGw0 [42/59回発言]
シャーリー「会長ぉ~。もう疲れましたぁ……」

ミレイ「そりゃ、前門の総督、後門の皇帝陛下、だもんね。姿勢一つ崩すのも躊躇うわ」

シャーリー「もう背筋を伸ばすのいやですよぉ」

ミレイ「まあ、まあ。でも、こういうイベントに参加できるってすごいことよ?」

シャーリー「そうかもしれませんけど」

カレン「ふわぁぁ……」

スザク「眠そうだね」

カレン「昨日はちょっと夜更かししてね」

スザク「寝たらどんな罰があるかわからないよ?」

カレン「分かってるわよ……」

ユフィ「スザク」

スザク「なんですか?」

ユフィ「大丈夫ですか?声が若干枯れ始めてる気がしますけど……」

スザク「音読のときも全力でしたからね。聞き苦しい声にならないように気をつけます」

ユフィ「そんなのは気にしないでいいから」

117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:35:47.34 ID:hNfy9qGw0 [43/59回発言]
コーネリア「さてと」スタスタ

シャーリー「は、早くないですか?まだ、5分ですよ!?」

コーネリア「教室に私が来ただけだろう」

ミレイ「えぇ……」

コーネリア「次は数学か……よし、教科書を開け」

ミレイ「あの!10分の休憩ではなかったのですか?」

コーネリア「ああ。あと5分は雑談していても構わないぞ?教科書を開いておけといっただけだ」

ユフィ「なるほど、遅刻対策ですか」

コーネリア「その通りだ、ユフィ。流石だな」

シャーリー(この雰囲気で雑談なんて……)

コーネリア「今のうちに私は黒板に問題を書く。楽にしていろ」ガリガリガリガリ

ルルーシュ「なんて高圧的な教師だ」

ナナリー「お兄様」

コーネリア「そうか。すまない。気をつけよう」

シャーリー「ルルに甘くない……?」

120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:41:37.15 ID:hNfy9qGw0 [44/59回発言]
キーンコーンカーンコーン

コーネリア「号令!!」

スザク「きりぃぃつ!!!れぇぇい!!!よろしくおねがいしまぁす!!!ちゃくせきぃ!!!」

コーネリア「よし。では、早速黒板に書いた問題を解いてもらおうか。自信があるものは挙手!!」

ユフィ「……」

ギルフォード「ユーフェミア様!!好機です!!」

ダールトン「ユーフェミア様!!手を!!」

咲世子「ルルーシュ様!!」

C.C.「いけ、カレン」

カレン「!?」バッ

C.C.「……」ササッ

カレン(今、誰かいたような……)

シャルル「…………」

ナナリー「……は……はい」プルプル

コーネリア「ナナリー?」

125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:47:47.38 ID:hNfy9qGw0 [45/59回発言]
ルルーシュ「ナナリー、中等部ではまだ習っていない数式もあるぞ?」

ナナリー「みたいですね……先生から頂いた、点字プリントを読む限りは……」

コーネリア「ナナリー、できるなら、その場で答えを言っていけ」

スザク「ナナリー、大丈夫かい?僕もこれ、全然わからないんだけど」

ナナリー「でも……答えないと……背中から押し殺されそうで……」

ルルーシュ「……!」

シャルル「…………」

ルルーシュ(シャルル……!!)

シャーリー「ナナちゃん、がんばって」

ミレイ「ナナリー」

カレン「……」

ユフィ「ナナリー、ファイトです」

ナナリー「はい。―――第一問の答えは……5です」

コーネリア「違うが正解でいい。最初の値を4にすると解は5になるしな」ガリガリ

ナナリー「……」

132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 20:54:32.22 ID:hNfy9qGw0 [46/59回発言]
キーンコーンカーンコーン

コーネリア「では休憩にする。号令!!」

スザク「きりぃぃつっ!!れいっ!!ありがとうございますたぁ!!!」

コーネリア「よし」

ナナリー「……」

ユフィ「ナナリー?元気だして」

シャーリー「あれ、私でもわからなかったし!!」

ミレイ「そうそう。大学入試レベルだから」

カレン「うんうん」

ナナリー「……」

ルルーシュ「ナナリー……習っていないところだ。気にするな」

スザク「でも、全問不正解だから……割とショックだと思うよ」

ルルーシュ「スザァァァク!!!!」

カレン「余計なこというな!!!」

スザク「え?あ、ごめん」

142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:03:31.09 ID:hNfy9qGw0 [47/59回発言]
咲世子「ナナリー様……」

C.C.「ああいうときもあるさ。気にしてやるな。余計、惨めにさせる」

ギルフォード「あの車椅子の少女が……?」

ダールトン「ナナリー・ヴィ・ブリタニア皇女殿下……今は皇位継承権はないと聞くが」

ギルフォード「らしいですね」

咲世子「手出しはさせませんよ」

ギルフォード「何をいう。姫様が敬愛していたマリアンヌ様のご息女。我々にとっても守る対象だ」

ダールトン「その通り」

C.C.「頼もしいな。なら、ルルーシュのこともお願いしようかな」

ギルフォード「無論だ」

咲世子「よかった……」

ダールトン「そろそろ、次の授業が始まるな」

ギルフォード「ダールトン卿。もうデジカメの容量が……」

ダールトン「それはいかん。すぐに新しい記憶媒体と交換しろ」

シャルル「………………」

147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:08:29.49 ID:hNfy9qGw0 [48/59回発言]
コーネリア「―――で、あるかして。この物質は……ん?」

スザク「カレン……カレン……」

カレン「ん……」ウトウト

コーネリア「枢木」

スザク「あ……」

カレン「ん……ん……」ウトウト

ルルーシュ「……」

シャーリー「あぁ……カレン……」

ミレイ「ご愁傷様」

コーネリア「……」

カレン「ん……ん……ん……」ウツラウツラ

コーネリア「カレーパンッ!!!!!」

カレン「ひゃいぁ?!」ガタッ!!!

コーネリア「起きたか?」

カレン「はい……すいません……でした……」

153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:14:39.34 ID:hNfy9qGw0 [49/59回発言]
キーンコーンカーンコーン

カレン「……あ」

コーネリア「よし。午前の授業はこれで終わりとなる。カレン、座っていいぞ」

カレン(まさか、授業中ずっと立たされるとは思ってなかった……地味にきつい……)

ユフィ「調理実習ですね!」

コーネリアその通り。ギルフォード!!」パチンッ

ギルフォード「はっ。皆さん、今からエプロンを配ります」

シャーリー「エプロン?」

コーネリア「我が父君、シャルル皇帝陛下がお作りになったものだ。心して着用するように」

ミレイ「えぇ?!」

ルルーシュ「シャルルが……?!」

シャルル「……………………」

ナナリー「あれ……このエプロン……いたるところに点字が……」

スザク「ありがとうございます!!皇帝陛下!!」

シャルル「……………………」

154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:15:10.17 ID:hNfy9qGw0 [50/59回発言]


168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:28:05.99 ID:hNfy9qGw0 [51/59回発言]
セシル「ロイドさん、こっちです」

ロイド「もうー、強引なんだから。セシルくんは」

セシル「今の時間だと調理実習中だと思います」

ロイド「でもさぁ?総督はともかく、皇帝陛下までいるんでしょ?ちょっと気が引けるよね」

セシル「まあ、そうですけど……折角、シュナイゼル殿下が行ってきてもいいと行ってくれたのですから」

ロイド「確かに、殿下のご好意を無駄にはできないけどさぁ」

セシル「私も調理実習に参加しちゃってもいいんでしょうか?」

ロイド「地獄絵図になるだろうね」

セシル「へえ?」

ロイド「ごめんなさい。殴らないで……」

ダールトン「ん?お前たちは特派の」

ロイド「どーも。スザクくんは、います~?」

ダールトン「今、班分けが済んだところだ。父兄は黙って参観していろ」

セシル「あの、私も調理のお手伝いを……」

ロイド「だめだって!!」

170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:34:56.57 ID:hNfy9qGw0 [52/59回発言]
調理室

コーネリア「では、班に分かれ、調理をしろ。そして、勝手に食え!!」


ミレイ「よし……!!なんか班分けに納得できないけど!!」

シャーリー「ファイトー!!」

スザク「うん、頑張ろう」

カレン「早く作っちゃいましょう」


コーネリア「よし。では、作ろうか」

ユフィ「お姉様、何を作りましょうか?」

ナナリー「……」

ルルーシュ「どうでもいいが、この班分けには何か作為的なものを感じざるを得ないのだが」

コーネリア「何をいう。私が事前に籤を引いていたといっただろう」

ユフィ「ナナリー?なにつくろっか?」

ナナリー「なんでも構いませんよ?」

ルルーシュ「……」

173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:39:56.96 ID:hNfy9qGw0 [53/59回発言]
ミレイ「食材はいっぱいあるし、なんでも作れそうね」

C.C.「ピザ」

シャーリー「ピザにするの?」

スザク「え?そうなの?」

カレン「なんでピザなのよ」

C.C.「ピザ」

ミレイ「じゃあ、生地から作らないとダメね」

シャーリー「はーい」

スザク「力仕事なら僕がやります」

カレン「ねえ、ピザでいいの?」

C.C.「いいんじゃないか?」

カレン「なら、いいけど」

C.C.「よし」

咲世子「何をしているのですか?」

C.C.「ステルスマーケティングだよ」

176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:46:59.24 ID:hNfy9qGw0 [54/59回発言]
コーネリア「さて、ルルーシュ」

ルルーシュ「なんですか?」

コーネリア「何が食べたい?」

ルルーシュ「先生が作ってくれるんですか?」

コーネリア「任せろ」

ユフィ「わーい。お姉様の手料理なんて久しぶりです」

ナナリー「私は初めてですね」

コーネリア「ふふ……期待してろ、ナナリー?」

ナナリー「はい」

コーネリア「まずは食材を切らないとな」

ユフィ「ワクワクしますね、ルルーシュ?」

ルルーシュ「大丈夫なんだろうな?」

ユフィ「見た目が豪快なだけで、割と美味しいですよ?」

ナナリー「……見てみたいですね。お姉様の料理」

ユフィ「ナナリー、ごめんなさい!!」オロオロ

181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:51:52.01 ID:hNfy9qGw0 [55/59回発言]
ダールトン「……」

ギルフォード「……」

コーネリア「よっと」ザンッ

ダールトン「ああ……!!」ハラハラ

ギルフォード「……」ドキドキ

コーネリア「はっ」ザンッ

ルルーシュ「……」

ユフィ「ふふ……」

コーネリア「はぁ!」

ルルーシュ「待て!!」ガシッ

コーネリア「なんだ?」

ルルーシュ「手つきが……」

コーネリア「いやらしいか?」

ルルーシュ「違う。先生、料理をする度に指を切っていただろう?」

コーネリア「よくしっているな。誰から聞いた?」

184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 21:56:19.46 ID:hNfy9qGw0 [56/59回発言]
セシル「んー……」

スザク「トッピング、できました」

ミレイ「じゃあ、こっち手伝って」

スザク「はい」

セシル「……んー。これじゃあ、普通のピザよね……」

セシル「えっと……あったわ。ブルーベリージャム」

セシル「ふんふーん」ボトッ

セシル「これでよしっと」

カレン「スザクくん、ピザを焼いて」

スザク「わかった」

シャーリー「カレーン!!洗い物手伝ってよー」

カレン「はいはい」

スザク「ん?なんだ、これ?こんあトッピングしたかな?」

スザク「まあ、いいか」

スザク「これで焼きあがるのを待つだけか」

192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 22:04:06.10 ID:hNfy9qGw0 [57/59回発言]
C.C.「皆、順調のようだな」

咲世子「ええ……きっと力作になるでしょう」

ロイド「セシルくん、今、スザクくんのところに行ったみたいだけど、何かした?」

セシル「え?ああ、一味添えておきました。普通のピザだったので」

ロイド「あちゃぁ……」

シャルル「………………………………」

ロイド「……皇帝陛下?」

シャルル「……………………………………」

セシル「ずっと一点の見つめてますね」

ロイド「なんだろう……なんかすごく怖いよ」

セシル「きっとなにかお考えがあるんですよ」

ロイド「だといいけどね」

チーン!!!

スザク「焼けたよ!!」

ミレイ「なんかすっごいブルーベリーの匂いがするけど、なんで?!」

196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 22:08:39.88 ID:hNfy9qGw0 [58/59回発言]
C.C.「焼けたか」テテテッ

シャーリー「なにこれぇ……すっごくジャムですけど……」

カレン「匂いがもう甘ったるぅ……」

ミレイ「とりあえず、切り分けましょう」

スザク「はい」

C.C.「なんだか不思議なピザだな」

スザク「はい」

シャーリー「どうも……」

スザク「はい、カレン」

カレン「……」

スザク「はい、会長」

ミレイ「う、うん……」

スザク「はい」

C.C.「ありがとう」テテテッ

スザク「あれ?僕の分がない……おかしいな。人数分切り分けたのに……」

205 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 22:15:44.35 ID:hNfy9qGw0 [59/59回発言]
C.C.「いただきます」パクッ

ミレイ「はむっ……」

シャーリー「……うぇぇ……ジャムをそのまま食べてるみたい……」

ミレイ「ジャムのピザってあるけど……カスタードクリームとか使って、スイーツみたいにしないと食べられたものじゃないわね……」

スザク「僕はサラダで我慢します」ムシャムシャ

カレン「……」モグモグ

C.C.「……」

咲世子「C.C.様、涙を拭いてください」

C.C.「ピザ……まずいな……」

咲世子「たまたまです」

C.C.「信じてたのに……うぅ……」

ロイド「やっぱりこうなったか……」

セシル「あれ……割といけると思ったんですけど」

カレン「……」モグモグ

カレン(別にこれ悪いとは思わないけど……言ったら変な子になるわね……)





  _
  \ヽ, ,、
_  `''|/ノ
\`ヽ、|
 \, V
    `L,,_
    |ヽ、)                ,、
   .|                   ヽYノ
   /                     r''ヽ、.|
  /        ,.. -──- .、    `ー-ヽ|ヮ
 .|      , ‐'´   __     `ヽ、  `|
  |    / , ‐'"´       ``''‐、  \  |
  |   / /             \ ヽ |
  ヽ,  y'   /` ‐ 、    ,.. -'ヘ   ヽ. }ノ
   ヽ,'     /   /`,ゝ' ´     ヽ   Y.
.    i    ,'     { {        ヽ   `、
    l    ,イ─- 、.._ ヽ ,, _,.. -─:}   !
.    |  r‐i| ー=ェェ:ゝ ,.∠ィェェ=ー' |r 、.  l
   |  {ト」l|.      : | "    ``: |!トリ  |
.  │  ヽ、|      ;.」_      |'ソ    !
.  │     ヽ     r──ッ    /ノ    |
    |      lヽ    ̄ ̄     / イ    │
.    !    丶ヾヽ    ~   , ' ノ │   !
    ト.    ミ.ゝ ヽ.____./  /  l   /
    ヽ  ヽ           イ ,' / , '       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
     \.             ノレ'/         d⌒) ./| _ノ  __ノ






202 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 22:11:47.97 ID:i6/301d80 [1/1回発言]
おのれシュナイゼル




203 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/26(木) 22:14:23.80 ID:Aca9Nhou0 [1/1回発言]
『おのれシュナイゼル!』ってホント便利だな。『スザァァァク!』を越えたかも判らん




スポンサーサイト




コメントあざっす!!

コメントの投稿

非公開コメント

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

テーマ : 2ちゃんねる
ジャンル : サブカル




おすすめ

プロフィール

ワークス35

Author:ワークス35
 
無料フリゲFF3.5の紹介と
2ch・ふたば☆ちゃんねる
スレッド紹介

「FF35しようず」は
ずっとリンクフリー!


連絡先
メールフォームはこちら




2chスレッド紹介が強め。 
TOP絵ずっと募集中

このブログについて

20100519
FF3.5の画像・SEを更新。
(110.gif改変。
 音量調節ほか。)
その他こまごまと修正。
更新分はこちら
から完成版.zipを
落としてください。 

普通プレイの人、
応援してます。

20090809
日本視覚文化研究会
記事紹介ありがとうございます。
感謝感謝です。


20090809
ねたミシュラン

お笑いニュースYouTubeニコニコ日和

エロアニメブログ


記事の紹介
本当にありがとうございます。
この場を借りて
お礼申し上げます。
これからも
よろしくお願いいたします。


コメント・ツイート
どんどんしてください。

オナシャス



   ___
  /ヽ) / \
 < / ̄Y ̄丶>
`〈X  ≡  ム〉
 丶) i (/
 // ̄ ̄\\
/ 彡 ^  ミ \
\幺ノノ i丶>/
 \マソ)ノソア/
  丶ミュZノ


なんかすげえ心温まるコメが多くて
涙がでちゃいました。
とりあえず
ずっと続けていくつもりなので
お手紙、コメントどんどんしてくださいね
くぎゅううううううううううううううえあああああああああああああああああああ
          ワークス35

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

フィードメーター - FF35しようずwwwwwwww  この日記のはてなブックマーク数
あわせて読みたい
検索フォーム

amazon.co.jpを検索

カレンダーとかまとめて
08 | 2020/09 [GO]| 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
FC2カウンター